採用サイトへ

協力会社募集

資料請求・お問い合わせ

採用サイトへ

協力会社募集

メニューを閉じるボタン

暮らしインタビュー

暮らしインタビュー

ストレスフリーで納得の住み心地
緑の庭と連動した爽快な無添加ライフ

#15

沖縄県恩納村 T様

アイコン

漆喰や無垢材が織りなす独特の風合いに引かれる

 

今回ご紹介するTさん宅の特徴といえば、敷地南面に広がる緑の芝庭と、ファサードを彩る大きなガレージ。

 

もちろん無添加のガレージが開発された?わけではありませんが(芝生は天然の無添加素材ですね!)、LDKなどの生活スペースが健康的な素材でつくられているからこそ、豊かな外部空間を構築することに熱中でき、翻ってはそれが室内外問わず生活全体の満足度アップにもつながっています。

 

 

「何の不満も不自由も感じない、納得の住み心地。梅雨時でも床のサラサラした触感が継続し、快適に過ごせています」と笑顔のご夫妻。

 

健康という側面でも、のびのび動き回れる空間面でも、3人の子育てに安心して取り組める絶好の環境が整い、「私たちにはそれが一番うれしいかも(笑)」と口をそろえます。

 

 

お2人が本格的に家づくりの計画に乗り出したのは、入居する約1年半前。

 

モデルハウスや完成見学会などに足しげく通う中で「無添加住宅」の存在を知り、初めての訪問直後に「ここがいいね」と即断しました。

 

 

健康、自然素材といったキーワードがアンテナにヒットしたのはもちろんですが、最も気に入ったのは「漆喰や無垢材などの質感を生かした、どこか居心地の良さを感じる空間の雰囲気」だったと振り返ります。

 

「清潔感のあるシンプルなデザインがもともと好みだったので。子どもたちがやや敏感な体質だったこともあり、”身体に良くないものは使わない”という無添加住宅のコンセプトは大きな安心感につながりました。

 

 

また、いつ訪れてもスタッフの方が皆丁寧に対応して下さり、打ち合わせ中は子どもたちを見てくれたので、大切な決めごとに集中して取りかかれたのは大助かりでしたね」。

 

 

住空間と庭・ガレージがスムーズにつながる

 

Tさん宅が建つ敷地の広さは約100坪。その南半分は芝庭とガレージが占めており、住居スペースは遠い将来を見越して「夫婦2人でも無理なく住みこなせるように、ほどほどの大きさに」と床面積約28坪の平屋でプランニングしました。

 

間取りはキッチンからダイニング、リビング、そして最奥部の和室まで真っすぐに視線が抜ける、シンプルかつ開放的なレイアウト。
芝庭に臨む南面にはずらりと掃き出し窓が並び、デッキテラスを介して「内」と「外」が緩やかにつながっています。

 

一方でLDKの北側には可変式の子ども室と寝室を配し、「公」と「私」の空間につかず離れずの距離感を保つとともに、キッチンのすぐ隣に水回りを集約して家事を効率化。

 

 

内装は一目ぼれした「無添加住宅」の基本に忠実に、白の漆喰と柿渋塗装したアカシア無垢材のフローリングでまとめました。

 

乗用車2台に大型バイクまで悠々収容できるガレージは、ご主人の長年の憧れをかなえたもの。

 

趣味の車いじりに没頭できることに加えて西側前面道路からの目隠しの役割も果たし、さらには大型荷物の一時的な保管庫としても、あるいは庭・エントランス・玄関を結ぶ屋外の動線の結節点としても役立っています。

 

 

また意匠面では、外壁のアクセントに添えられたコーラルストーン、室内干場を覆う花ブロックと並んで、Tさん宅の外観に豊かな表情を与える大切な一要素です。

 

きれいに生えそろった芝生をはじめ、広大な庭のメンテナンスは、奥さまの父親が強力サポート。

 

例えば敷地南東のコーナーに植えられた松の木は、「仕事から帰ってきたらいつの間にか立っていました(笑)」。他の植栽の選定を含めて、今後も庭いじりは全面的にお任せしつつ、ご主人はDIYで「子どもたちを遊ばせるブランコでも設置しようかな」と思案中。

 

 

健康的で安心・快適な住環境に守られながら、敷地を目いっぱい活用した無添加ライフを満喫しています。

 

 

家族構成  :  ご夫婦、子供3名
敷地面積  :  322.3㎡(97.5坪)
延床面積  :   95.3㎡(28.8坪)
お引渡し  :       2019年1月

Copyright© 2017 サイアスホーム Saias Home Company. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.